物流のすべてを包括。産業の躍動を支える。 The lively motion physical distribution industry is supported.

事業案内

内航海運部門

日本全国に向けて、大量・大重量の貨物を海路で運ぶ

大量かつ大重量の貨物を運搬する手段としてだけでなく、近年注目されている環境問題、特にCO2削減の観点からも、船舶はきわめて大きな力を持っています。特に、日本は地理的条件からいっても海路の利用は便利で、海上輸送には古い歴史があります。
内航海運とは、国内の拠点と拠点を結ぶ海上輸送の事であり、日本全国に向けて毎日当社の船舶が稼働しております。

 

内航海運部門

港湾運送部門

巨大な物流ターミナル、港湾での荷役作業を統括する。

船舶が集結し、大量の貨物の積込みと陸揚げが行われる港湾は、巨大な物流ターミナルです。このターミナルでの沿岸荷役作業を担当するのが、港湾運送部門です。

当社は、関東の港湾部分の中心とも云える東京都江東区の辰巳埠頭に拠点を持ち、海陸一貫輸送の中継基地としています。内航海運部門との打合せによってスケジュールを確認、船舶と連絡を取り停泊地を確保、荷役作業のためのクレーンや人員の手配など、港湾運送部門の役割は、物流の現場を統括すること。

もちろん、陸揚げだけで仕事が終わるわけではありません。
在庫を確認し、届け先である顧客のスケジュールに応じて、集結した貨物を船舶やトラックで送りだす。その目的地は、日本全国はもちろん海外にまで拡がっています。

 

港湾運送部門

陸上運送部門

正確な納品を土台に、顧客との信頼関係を築く。

現在、日本国内の物流では、トラックによる貨物運送がきわめて大きな役割を果たしています。当社の陸上運送部門は東京、北関東に拠点を持ち、関東近辺を中心に各地に運送しております。スケジュールが天候に左右されがちな海上運送と違い、陸上運送では納期遅れは許されません。期日通りの納品は、顧客との信頼関係を築くうえでの第一条件。そのためには、顧客とのきめ細やかなコミュニケーションにより、顧客の要求をつねに正確に把握しておくことが求められます。

 

陸上運送部門

通関業部門(横浜)

経済の動向が反映する業務。国際経済の最前線がここにある。

世界をリードする日本の産業界。その国際取引の窓口となるのが。通関業部門です。船積・船卸関係書類の作成や税関申告など、輸出入通関業務に関する専門知識が必要な、きわめて専門的な業務であるとともに、輸出入に関する国の統計業務に貢献するという、社会的な役割も担っています。また、為替レートの変動や各国の貿易規制など、経済の動向がただちに反映する業務であり、まさに国際経済の最前線がここにあるといえるでしょう。

当社は取り扱い製品の多品種化にも積極的に取り組んでおります。通関業には、国家試験に合格した通関士が必要であり、当社では入社後の研修などを通じて、通関士試験の受験を奨励しています。

 

通関業部門